不動産と地震保険への加入

不動産と地震保険への加入

不動産を手にするにあたって意識しておきたいのが、地震のような災害によって、いつ失ってしまうかわからないということです。

わが国では阪神淡路大震災や東日本大震災のような大型の地震をすでに経験しており、現在の耐震基準はそうした大地震を見越したものになっていることはうたがいのないところですが、古い時代につくられた建物を中古物件として購入した場合には、そのようなことも言ってはいられなくなります。そこで加入しておきたいのが地震保険とよばれるもので、地震によって不動産に被害が生じた場合であっても、一定の範囲内で補償を受けることができるので安心です。


この地震保険は、不動産であれば何でも加入できるというものではなく、居住用であることが大前提ですので、たとえば別荘のように常には人が住まない不動産について加入しようと思っても、条件を満たさないために加入できないおそれがあります。
また、地震保険は単独では加入することができず、かならず火災保険とセットになっているというところも特徴です。
したがって、同じ不動産について、実質的には火災保険と地震保険の両方に加入しなければならないことになりますので、それだけ毎年の保険料を多く納付しなければならなくなります。
保険料の設定は種類や構造などによって大きく異なりますので、あらかじめ保険料のシミュレーションをしてもらった上で加入するのが望ましいといえます。

場合によっては損害保険会社のウェブサイトから、かんたんな見積ができることもあります。

名古屋の分譲賃貸の情報を調べてみましょう。

リゾートの注文住宅の情報を公開しているサイトです。

1人1人に合った大阪市の土地情報を厳選して紹介しています。

埼玉の不動産投資の価値ある情報を探してみてください。

埼玉の土地活用情報はこのサイトにおまかせ下さい。

http://top.tsite.jp/news/21/?p=14536

https://matome.naver.jp/odai/2141490700496290601

http://smany.jp/6571

    関連リンク

    • リフォーム業者にお願いをするときは

      リフォーム業者にお願いをするときは、どのような方向性でリフォームしてもらうのか、それを決めた上で声をかけるようにしましょう。今まで以上に信頼と実績のある業者がたくさん出てきたので、ぜひとも探すようにしておきたいところです。...

      detail
    • モデルルーム見学で不動産を衝動買いする人も

      不動産ほど高価なものを衝動買いする人などいないと思うでしょう。しかし、実際には買う気がなかったのにモデルルームに行って、勢いで申し込みをしてしまった、という人はたくさんいます。...

      detail