格安航空券はトータルのコストパフォーマンス

格安航空券の国内はトータルのコストパフォーマンス数年前と比較すると、LCCが日本国内線でも浸透してきた現状において、よりお得な格安航空券を入手するために、購入段階から沢山の点を考慮する必要に迫られるようになりました。
以前ですと、格安航空券を扱う旅行会社に一任しても、それなりに安価な格安航空券が得られ、同区間、同時期、同クラスであれば、旅行会社間の料金差はそれほど大きくはありませんでしたが、現在では旅行会社を通さずとも、航空会社直接のホームページで購入した方が安かったり、旅行会社も取扱手数料が利潤に占める割合が大きくなったために、その価格差のウェイトが以前に比較すると相対的に大きくなったと言えます。


従って、格安航空券の選択においてまず重要なのが、各社における手数料の把握です。海外航空券の便利な情報を集めたサイトです。

注意したいのは、旅行会社依頼だと、取扱手数料が1件あたりの固定金額である場合と、購入した格安航空券の金額に応じて、パーセンテージでかかる場合があることです。

また航空会社直接購入の場合、オンラインだと無料でも電話依頼だと有料ということが多いです。格安航空券の購入において、次に重要なのが、付加価値の金額査定をこまめに行うことです。


海外格安航空券情報が様々な条件で検索可能です。例えば、価格的に安くても、マイルの積算できない格安航空券は、その非積算分を価格に上乗せして他の格安航空券と比較するべきです。

また、最近ではオンライン予約の際に、色々なポイントサイトを経由することで、該当するポイントが付与されたりしますが、その積算率や換金率、有効期限やポイントの提携先等も様々ですので、各ポイントサイトのルールを熟知しておく必要がありますし、こちらのルールは頻繁に変更されますので、各社から配信されるメールマガジン等には常に目を通すなど、最新の情報を入手しておく努力も欠かせません。

このように、本体価格のみに一喜一憂して選択してしまうと、結局は損してしまうというのが現在の格安航空券事情と言えますので、上述の点を軸として、総合的なコストパフォーマンスで、希望旅程の航空券を見出したいものです。